工場について
divider-1
工場について
divider-1


インドネシアの大都市"バンドン"。
この街は植民地時代からインドネシアの政治と教育の中心地として発展してきました。 一方で周囲を熱帯雨林に囲まれ、近代的な面を持ちながらも人々の生活にどこか安らぎを与えてくれます。
そんなバンドンの街の一角でMATOAの時計は生まれています。 ワークショップ内では時代に応じた高度な技術をもったクリエイター達が集まり、日々新しいアイディアを生み出しています。 熱帯雨林から生まれた安心できる廃材を集め、環境にも人にもやさしい時計を世界中に届けています。

インドネシアの大都市"バンドン"。
この街は植民地時代からインドネシアの政治と教育の中心地として発展してきました。 一方で周囲を熱帯雨林に囲まれ、近代的な面を持ちながらも人々の生活にどこか安らぎを与えてくれます。
そんなバンドンの街の一角でMATOAの時計は生まれています。 ワークショップ内では時代に応じた高度な技術をもったクリエイター達が集まり、日々新しいアイディアを生み出しています。 熱帯雨林から生まれた安心できる廃材を集め、環境にも人にもやさしい時計を世界中に届けています。
MATOA watch 木製腕時計 工場
何よりも大事にしていることは二つの"質"です。
一つ目の"質"は素材の質。 木材を使うことの良さは、それぞれのもつ表情が異なるという点です。 木目のデザインと色彩によって、生み出される時計一つ一つに特徴が出てくるのです。 シンプルかつモダンでありながら、そして神秘的なデザインの時計を届けるために、一つ一つ手作りで丁寧に生み出すことにこだわっています。
何よりも大事にしていることは二つの"質"です。
一つ目の"質"は素材の質。 木材を使うことの良さは、それぞれのもつ表情が異なるという点です。 木目のデザインと色彩によって、生み出される時計一つ一つに特徴が出てくるのです。 シンプルかつモダンでありながら、そして神秘的なデザインの時計を届けるために、一つ一つ手作りで丁寧に生み出すことにこだわっています。
MATOA watch 木製腕時計 工場
二つ目の"質"は信頼のための"質"。
自然の材料を使うことの最も難しい点は、いかに丈夫で安心できる時計になるかということです。 木材から部品の型を用意し、そこから腕時計をつくり上げるまでの全ての工程を手作業で行っております。 一つ一つの部品を鑢で削り、組立て上げ、コーティングを行なっているため生産量も限られています。 それでも手作業にこだわリ続けるのは、安心できる良いものを使ってほしいという強い"想い"があるからです。 是非あなたの生活の中に彼らのこだわり続けた時計を取り入れてみてください。
二つ目の"質"は信頼のための"質"。
自然の材料を使うことの最も難しい点は、いかに丈夫で安心できる時計になるかということです。 木材から部品の型を用意し、そこから腕時計をつくり上げるまでの全ての工程を手作業で行っております。 一つ一つの部品を鑢で削り、組立て上げ、コーティングを行なっているため生産量も限られています。 それでも手作業にこだわリ続けるのは、安心できる良いものを使ってほしいという強い"想い"があるからです。 是非あなたの生活の中に彼らのこだわり続けた時計を取り入れてみてください。
MATOA ウッドウォッチ 工場 factory4
上部へ戻る